読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湧亀記

2ストライク(1ファール)法務博士(専門職)のただの日記

アルバイターと「憲法ガール」

足の裏が痛い

けっきょく、3日間で33時間労働となった。

とくに、3日目は最悪で、クズみたいなDの隷下ADに割り当てられたばかりに、11時間立ちっぱなしで働いて、まともに休めたのは30分ぐらいだった。

あとで統括Dにさり気なくチクっといたら、統括Dは「あのD殴ってきていいよ」だって。暴行罪の教唆犯ですよ。規範意識の高い私はそんなことはしないので、不可罰ですが。つーか、統括Dもちゃんと監督してくれ。

しかし、クズDだった。人の名前は間違えるし、的外れの指示は平気でするし、すぐ怒鳴るし。女性スタッフにはヘラヘラしやがって。

つーか、同僚社員に嫌われてんのかよ笑

そういや、トランシーバーのやり取りでクソ適当に扱われてたもんな笑

ああいう風にはなりたくないものである。

まともに寝てないみたいだったからだろうか。

やはり人間睡眠時間がないとダメなようだ。

早くまっくろくろすけなこの業界から抜け出したいものだ。

時給は良いし、楽しいといえば楽しいのだけれども。

参加者は若い子ばっかりで、何故か私の魂を込めた注意事項の説明に拍手が起きた。「かわいい」との声も聞こえた。空耳か。

ちなみに、私は阿部寛とか要潤とか、内川聖一とか、木村拓哉石橋貴明を足して木村拓哉を引いた奴に似ているとか言われたりする。

守秘義務があるので多くは語れないが、参加者の一生の思い出になったイベントになったはずだ。三振法務博士も、そのような機会のお手伝いができたと思えば、クズDにあたったことも痛くも痒くもない。

足の裏は痛いのだが。

 

そんなブラックバイトな社会見学な期間も済み、法務博士としての戦場へ復帰。

憲法強化月間ということで、過去問起案と、自主ゼミ(勉強会)のための起案採点担当。書いているときは気付かないものに気付いたりするものだ。

憲法といえば、司法試験受験業界では「憲法ガール」なるラノベ風参考書が流行っている。装丁もイラストも「かわいい」ものであるし、妙にプライドが高くて性根の曲がった私はこの流行り物を敬遠していた。

しかし、来年の司法試験に背水の陣で望む以上(背水どころか喉まで漬かっているが)、プライドを捨てて読んでみた。

 

憲法ガール、甘く見ていた。

受験参考書として出来が良い。

登場人物、全員秀才ないし天才。

憲法ガール、17歳で司法試験合格の圧倒的天才...!

折りに来る...!三振法務博士の心を...!

 

設定上「かわいい」女の子らしい、憲法ガール。

わたしの大好きなストレートロングヘアーの憲法ガール。

わたしの◯◯◯◯ガールにしてやりたいと思いました(クズすぎる表現なので、表現の自由の保障範囲を逸脱すると判断し、自主規制しました)