読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湧亀記

2ストライク(1ファール)法務博士(専門職)のただの日記

三振法務博士と非正規雇用

すごく労働法的な題名に思えなくもない。

でも労働法はよく知らない。選択科目は租税法だから。

司法試験(新司法試験)では労働法と倒産処理法が選択科目のメジャー科目である。

それ以外を選ぶ受験生は変人である(断定)。

司法試験受験をする人間の時点で十分、変人だという自覚はあるのだが。

 

浪人生活中も金はかかる。当然アルバイトせざるを得ない。

法律事務所でアルバイトするといったイメージを持たれることもあるだろうが、案外少ない。いなくもないが、メジャーというほどではないような気がする。

 

私が主に従事するのは、イベントのアルバイトである。

案件(スケジュール)を選べるのが大きい。そして、割に高時給だから。

 

立場的には、広告業界の最底辺、広告代理店の孫孫請けぐらいの会社に雇われる立場。

そして、様々な突発的事象に振り回されに振り回される。

 

立場上多くを語れなくて残念だ。

大抵は自己責任のものではない。

 

ポジションによるが、仕事をシェアすることも結構困難である。

表現力不足で恐縮だが、業界自体の構造問題としか思えない。

 

これを書いている最中に、私の雇主の社員からメールが来た。

午前1時30分ぐらいね。

一分も立たないうちに返信を返してやった。ふふふ。

 

18時に終わるはずの前日準備が22時まで延長、拘束され、23時30分帰宅。

先日形式だけ整えた起案を、添削をお願いしている先生に提出。

このあと5時起きで出発、終業時間は不明。

起きれるかも不明。